OPAC利用マニュアル

 
利用状況照会・申込
 
   電子ジャーナル
    
    
 
1098074

お知らせ

 
 
図書館からのお知らせ
2019/12/05new

2019年度年末年始の図書館・webサービスについて

年末年始に伴い、附属図書館資料配送と学外文献複写・現物貸借のお申し込みについて以下のように取り扱います。あらかじめご了承ください。
学習センター・サテライトスペースに配送希望の場合は、各学習センター・サテライトスペースの閉所日にご留意の上、期間に余裕を持ってお申込ください。

1.本部図書館所蔵資料の配送
 (1)学習センターへの配送
   2019年12月24日(火)16:00 以降に申込された資料は、
   2020年1月6日(月) 以降、順次発送します。

 (2)自宅配送(全科履修生、修士・博士全科生のみ対象)
   2019年12月24日(火)16:00 以降に申込された資料は、
   2020年1月6日(月) 以降、順次発送します。

2.文献複写・現物貸借(他大学からの取寄)について
 (1)文献複写について
   2019年12月24日(火)16:00 以降に申込されたご依頼は、
   2020年1月6日(月) から、順次受付処理します。

 (2)現物貸借について
   2019年12月17日(火)11:00 以降に申込されたご依頼は、
   2020年1月6日(月) から、順次受付処理します。

3.OPAC「他大学検索」停止期間
  2019年12月31日(火)20:00 ~ 同日24:00まで

4.放送大学附属図書館の年末年始休館期間
  2019年12月28日(土) ~ 2020年1月4日(土)

  

13:18 | NEW
2019/04/17

2019年度学生図書リクエスト受付開始について

2019年度の「学生図書リクエスト」の受付を開始いたします。
受付期間は次の通りです。

 受付期間:2019年5月7日~2019年12月24日
    (*予算の都合により、終了期間が変更する場合もあります)

申込はOPACから、または申込書を学習センター図書室等の窓口へ提出してください。
申込対象者等、詳細については、「学生図書リクエスト」のページをご覧ください。

15:01
2019/02/22

2019年4月以降 図書サービスが一部変わります

情報化の進展等により急速に変わりつつある学生のニーズへの対応として、図書サービスの運用を一部変更いたします。

2019年4月以降
1.貸出は附属図書館で一括して行います。
 (学習センターでの受取・返却、自宅配送は従来のとおり)

2.学習センター配架図書は、センター内で閲覧することができます。
 貸出はできません。 (群馬、埼玉、東京足立、神奈川の各学習センターは除く)

3.附属図書館配架図書の検索・貸出予約は、OPACで行ってください。

附属図書館では、電子書籍を数多く提供しています(約70,000タイトル)。図書館ホームページからアクセスできますのでご活用ください。自宅のパソコンからリモートアクセスも可能です。


放送大学附属図書館
問合先 043-276-5111(放送大学総合受付)

13:00 | 重要
2014/06/18

OPACで[予約]、[文献複写依頼]のボタンを押しても申込できない場合

 OPACで[予約],[ILL複写依頼(コピー取り寄せ)],[ILL貸借依頼(現物借用)]のボタンをクリックした後、ログインしたにも関わらず、依頼画面に遷移しない場合は、ブラウザの設定によってポップアップブロックされている可能性があります。
以下の「よくある質問」に掲載されている
「予約やコピー・図書取り寄せ申込のときに、ポップアップブロックが出て困っています。」の回答欄をお読みの上、ご利用のブラウザの設定をご確認ください。

(よくある質問)
https://catalog.ouj.ac.jp/index.php?action=pages_view_main&block_id=301&active_action-faq_view_main_init&question_id=120#faq-120
13:15 | 重要
2014/06/18

自宅で電子ブックを読むには(リモートアクセス)

 ご自宅等から、放送大学で契約している電子ブックや電子ジャーナルをご利用いただく際は、「リモートアクセス」をご利用ください。

1.図書館のホームページの右下「リモートアクセス」のバナーをクリック。(もしくはhttps://libproxy.ouj.ac.jp/ にアクセス)

2.ログインIDとパスワードを入力して、Loginボタンをクリック
 (ログインIDとパスワードは、システムWAKABA等と共通です。)

3.利用したい電子ブック・電子ジャーナルサービスのリンクをクリック

現在、リモートアクセスを経由して、ご自宅等から利用できる電子ブック・電子ジャーナルは以下のとおりです。
  • ScienceDirect(エルゼビアサイエンス社が提供する電子ジャーナル)
  • SpringerLink(シュプリンガーグループが提供する電子ジャーナル・電子ブック)
  • Cambridge Journals Online(ケンブリッジ大学出版局が提供する電子ジャーナル)
  • IEEE(IEEE Computer Societyが発行する電子ジャーナル)
  • JSTOR(JSTORが提供する電子ジャーナル)
  • CiNii(国立情報学研究所(NII)が提供する国内の学術雑誌論文記事検索・全文提供サービス)
  • Maruzen eBook Library(eBook Libaryが提供する日本で出版された学術電子ブック・電子ジャーナル)
  • NetLibrary(EBSCOhost)(EBSCOhostが提供する電子ブック)
  • ジャパンナレッジLib(約30種類の辞書・辞典を集積したデータベース)
  • 聞蔵IIビジュアル(朝日新聞記事データベース)(※試行中)
※学習センターや本部図書館など、放送大学内に設置の学生用PCから利用する場合は、リモートアクセスを経由する必要はありません。日経BPなど、上記に記載のないものはリモートアクセスに対応していません。学習センターもしくは本部図書館に設置の学生用PCからご利用ください。

リモートアクセスを活用して、放送大学で契約している電子ブック・電子ジャーナルをみなさまの学習・研究にお役立てください。

13:11 | 重要